日 時 平成241124日(土)午前1000分~午後5時10分 参加費:無料

9時から受付、ポスター見学可)

 

会 場 久留米大学 御井学生会館3

839-8502 福岡県久留米市御井町1635 TEL: 0942-43-4411

 

主 催 久留米大学大学院心理学研究科津田研究室(健康心理学)

 催 一般社団法人日本健康心理学会国際委員会久留米大学大学院心理学研究科、

 久留米大学比較文化研究所心理教育部会Asian Association of Indigenous

 and Cultural Psychology

  久留米大学文学部同窓会

協 賛 アイ・アイ・ティーセンター、株式会社TTC、クノール食品株式会社、

    花王(株)ヒューマンヘルスケア研究センター

 

プログラム

9:00~受付

10:0012:00

1セッション(英語)Evidence-based Clinical Psychology for Research and Practice

Convener & Chair            

 Akira TsudaDepartment of Psychology, Kurume University

 

Presenter Yoshiyuki TanakaDepartment of Psychology, Kyoto Tachibana University

 「A Contribution of Perceived Well-being toward the Outcomes of TTM

   based Stress-Management Practice

Michiyo Ando (St. Mary's College, Faculty of Nursing)

Adaptation of the Trastheoretical Model to Bereavement Life Review Therapy

   for bereaved families

Noboru Iwata (Department of Clinical Psychology, Hiroshima International University)

                            Culture and Positive Emotion -a hurdle toward positive psychology in Japan

Jorge WongPalo Alto University, USA

Center for Addiction Recovery and Empowerment (CARE):

    A culturally responsive approach to problem gambling

 

12:00~13:00(昼休み)  

13:0013:50

特別講演   100歳時代を生き抜く力」    

 講演者   昇地三郎(健康長寿マイスター、ギネス世界記録認定、しいのみ学園創設者)

      

13:50~14:00(休憩)  

14:0015:30

2セッション「東日本大震災被災者への支援:これまでとこれから」

セッション座長 

             安藤満代(聖マリア学院大学) 

 

発表者  堀毛裕子(東北学院大学教養学部・宮城県臨床心理士会・前会長)

 「現地の視点から心理支援を考える」

 金原さと子Asian American for Community Involvement

 「Psycho/Social Interventions as the First Responders

& Tomodachi Softbank Leadership Program Summer 2012

 堀毛一也(東洋大学社会学部)

 「Subjective well-beingの多面性と震災前後の変化」

 

15:3015:40(休憩)  

15:4017:10

3セッション「ウェルビーイングと健康のためのトータルケア」

セッション座長 

     岡村尚昌(久留米大学高次脳疾患研究所)

 

発表者 矢田幸博(筑波大学大学院グローバル教育院、久留米大学大学院客員教授)

          「完全天然香料の生理効果と美容健康分野への利用」

御堂直樹(クノール食品株式会社 開発工業化センター)

「スープ摂取により得られる感覚と健康の関係」

山本哲郎((株)TTC代表取締役社長、久留米大学大学院客員教授)

              「ストレス・睡眠関連質問紙を用いた機能性食品の評価」